商品画像
画像監視「MMsmartMonitor」

販売元: 東京センチュリー株式会社

提供元: 株式会社YE DIGITAL

画像監視サービス「MMsmartMonitor」をご用意しました。
本サイトでの取扱いは、1セット(カメラ5台・HUB・ゲートウェイ(MMLink-GWL))からのパッケージ提供となります。

    • 月額利用料
    • 35,000円 (税抜)
MMsmartMonitor
サービス概要
詳細説明
簡単導入!すぐ使える
・電源やネットワークの配線不要!導入や設置変更が簡単にできます。
・すぐに使える!クラウドビューワ付きでカメラの設定や蓄積した画像の閲覧がすぐにできます。

電池長持ち、省電力設計
・カメラの電池交換が数年単位で不要です。※電池の寿命は撮影頻度によって変わります。

防塵防水(IP65)対応
・屋外でも使用可能です。

お手頃価格に設定
・お客様の声から遠隔監視によく使われる機能に絞り込むことで、価格を抑えました。
納期
お申込みをいただいてからの通常納期は下記となります。

通常納期: 申込から1ヶ月程度

※在庫状況や物流等での多少の前後が生じる場合がございます。ご了承いただけますようお願い申し上げます。
機能概要
〇定点監視
定周期撮影による定点監視が可能です。

〇モーション検知による監視
モーション検知による撮影で、無人エリアや人が立ち入らない場所への監視が可能です。また、複数カメラをグループ化することで様々な角度からの撮影や監視が可能です。

〇画像絞り込み
撮影された大量の画像に対して、撮影日時や時間帯を検索することができ、希望の画像を絞り込むことができます。

〇拡張性
カメラの追加、移設、削除が容易にできるため、拡張性に優れています。

〇外部連携API
MMsmartMonitorサービスで蓄積している画像ファイルを外部連携APIにて取得することができます。

〇保守性
きめ細かい保守サービスを選択することで、お客様の安定運用をサポートします。
事例紹介
◆会社名
株式会社荒谷建設コンサルタント、広島県様

◆事例紹介概要
配線不要・軽量の画像監視サービスを採用

◆概要説明文
株式会社荒谷建設コンサルタント(広島県広島市、代表取締役社長:荒谷悦嗣 以下、アラタニ)は広島県下の平成30年7月豪雨災害の土石流発生場所を監視するのに、画像監視サービス「MMsmartMonitor」(エムエム・スマートモニタ)を採用し、2019年3月から3箇所の現場で監視を開始しました。
今回の導入で監視運用のノウハウを蓄積し、今後は、他拠点への導入を検討していく予定です。

◆詳細概要説明文
広島県は、平成 30 年 7 月に豪雨災害に見舞われ、土砂崩れや浸水による被害が相次ぎました。土石流の直撃で堰堤が破壊したところや、土石流が流下した渓流に残る巨石が崩落により団地を直撃する恐れのあるところなど、まだ不安定な状態が一部残っています。広島県は、災害関連緊急事業による砂防堰堤が完成するまでの暫定的な安全対策として、土石流センサを設置することを決定。また、設置したセンサが作動した場合に、周囲の情報がリアルタイムに確認できるよう、常時監視カメラを設置する方針を決定しました。
広島県下で土木関係の建設コンサルタント業務を行い、河川、砂防、森林土木などに知見を有するアラタニがその業務の委託をうけ、平成 30 年 9 月から順次センサを設置しています。常時監視カメラは電源施設の無い、山中で用いる監視システムとなるため、総重量が 100 キロ近くになってしまい、機材運搬に困難を要しました。また、カメラとその制御に必要な機材をソーラー電源で賄うため、夜間には充電不足でシステムが停止するリスクや、電力等の理由でカメラを1台しか設置できないことから、機器故障により視点を喪失するリスクが課題としてあがりました。
そこでアラタニは、安定稼働が可能な、省電力で簡易なソーラー発電のカメラシステム導入の検討を行い、YEDIGITALの「MMsmartMonitor」の導入にいたりました。

荒谷建設荒谷建設

見積・注文
  • 画像監視「MMsmartMonitor」
PageTop